スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
7/20 岩手予選 準決勝 08年夏 前編
べーたくみちのくひとり旅。
いつものように長編。。。
なので前編・後編2本立て。

○  ○   ○
花巻東 菊池雄星投手、一関学院 菊池翔太投手・阿部航投手など
2年生に注目投手が目白押しで目が離せないハズだった岩手県。
まったく違う方向で目が離せなくなりました。

78年夏。
タイムスリップしたかのように甲子園のスタンドに
独特の雰囲気を持ち込んだ伝説のバンカラ応援「盛岡一高」。
県内一の進学校、宮沢賢治や石川啄木などを輩出。
その盛岡一高がベスト4進出。(写真は朝日グラフ) 

さらに小僧さん共々気になって仕方なかった同じ岩手県の水沢高校。
⇒サイトはこちら。 ⇒スゴイのはここの嵐の拍手。  


いつかは見に行きたいと思っていたが
この水沢高校もベスト4に。
専大北上、盛岡大付、一関学院、花巻東の
私立4強に独占されている岩手高校野球において
奇跡とも言える両校の躍進。
ともに勝って決勝で対戦することはできるのか。


まずは盛岡駅地下街で冷麺。

県営球場へはタクシーで向かいます。
いつものように運ちゃんとの楽しいトーク。
「お客さん、どこの応援ですか?」
第一試合『盛岡中央対水沢』が行われているのに
つい「盛岡一高!」と答えてしまいました。 
そこからはカレの独壇場。
「東京から来た」と洩らすと、「そんぐらいでねえといかん!」 

なにが?

「わたしは四高。終わってるんですがね。
まぁ たんまたま春(秋だったかな?)は上位にいけたけど。」「・・・」

しかし彼は続ける。
「今年は一高はまっだく強いなんて話聞かなかったけど、勢いがあるから」
「運転手さん。あまり私立に勝って欲しくないんでしょ。県外からの選手ばっかりだから」
「まあ専大北上あたりは東京とか神奈川ばかりでな。
盛大はそうでもねえけど、宮城とか。」

県外じゃん! さらに彼は続ける。

「一高はサードの子がピッチャーやってるけど、
小さい体でな。166って言われてるけど、実際は・・」
「実際は?」「170センチ65キロ」
登録よりでかいのかよ!それになに?その具体的な数字は?!

ほかにも専北の特待生問題や、
盛大のピッチャーが190センチだの、
監督人事情報とか色々喋ってくれて、無事、球場に到着。
さあ、準決勝第一試合に向かいます。  

高知に続いてここで大誤算!
ここも応援席(学生席)と一般席が完全に隔離。ショック!

一般席の一番応援席寄りに行きますが
まったく席があいていません。
最後列は立ち見でギッシリ。甘く見てたか! 

とりあえず境界線から
水沢高校バンカラ応援団をパチリ。モチロン携帯。 


あきらかに野球観戦の妨げになってます。
すぐ後ろの人達が座って観てるのにまん前に立ち上がり
逆方向の応援席を写しているんだから。
いつ罵声がとんでくるかと覚悟していましたが、一向にその気配なし。

そうです。ここは甲子園でも高知でも広島でもありません。
心穏やかな東北地方の方々なのです。 

3塁側 水沢
応援団のバンカラスタイルは期待通り。

しかし、応援そのものはいたってシンプル。
ヤマト、さくらんぼ、夏祭りなど定番系。 

とはいえ、野球部くんたちが
内輪的にやっているという感じではなく、
応援団主導で生徒たちをリードしているので、
相当まとまりがあります。特に女子生徒の声がすごい。



 夏祭り
 「空に消えてった〜(打者名)ホームラン〜」
 タイトル不明
 「ホニャララ(聞き取れず)
 甲子園に連れてってくれないと〜 ××××勝利の立役者〜」
 など替え歌がサエてます。

こんなコールも統一感あって威力抜群。
「ハイっ、ハイっ、ハイっ、ハイっ、
ハイハイハイハイハイハイハイハイ・・・・・」
前半の「ハイっ」では、生徒さんたちが飛び上がって右を向き、
次のハイでまた飛んで左向き。球場が揺れました。

なんと5回終了後グラウンド整備中を利用してエール交換。
攻撃を終えたばかりの盛岡中央からエール。一塁側だからか。
エールの対象は相手チームのみ。フレフレ水高。続いて頑張れ水高。
水沢もフレフレ中央のつぎにファイト中央。  

1塁側 盛岡中央
あまり見れませんでしたが、
こちらもまとまりのある応援でした。
ここの注目は、ユニフォーム。
白い帽子にツバだけエンジ。
ストッキングと袖のラインもエンジ。
まるでプリンスホテル。
胸の文字の筆跡までそっくり。 


水沢
 101 000 000 2
 110 100 000 3
盛岡中央

前半の猛烈な残塁がたたり、
水沢の善戦及ばす。 

試合終了後、エール交換。
水沢の団長(だと思う)が、
スタンドに一礼。「応援ありがとうございました!」
すると期せずして上段から
一人の男性(応援団OBか)がエールを始めます。
「サンキュー サンキュー ★※☆(団長の名前か?)」
それにスタンドの生徒さんたちも続きます。感動的。 


水沢のエールの特長。
例えば「サンキュウ 水高」の場合。
リーダーの「サンキュウ〜 サンキュウ〜 ミズコウ」の後に、
「サンキュー サンキュー ミズコウ サンキュー サンキュー」ここでSTOP。

「は?」と思うと、一呼吸置いて
ゆたりとしたペースで、「みーずーこーーーー」
これがキレイに揃うからすごいです。 
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ 
| 応援小僧 | 07:37 | comments(5) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 07:37 | - | - |
Comment
みちのくひとり旅。
さぁっすがあー、べーたくさん。
小僧さん共々お忙しいですね。
四国・盛岡と麺ロード。
いつの日かご一緒させて頂きたいです。

小僧さん、水沢高校の嵐の拍手、しっ痺れました!落雷に打たれたかのような衝撃です。
物理学を無視した空中浮揚に匹敵するあの横反り、代々受け継ぐのは確かに至難の一語。
日本はまだまだ広いです。
是非甲子園に出て欲しいです。

甲子園では
大漁旗・民謡や踊りの地方色を出した応援は規制されてきた歴史がありますがこう応援が画一化してくると懐かしくもあります。

かつて早実も熊谷組より纏を借りて
東京らしさを鼓舞したことがありました。(旧応援団長熊谷組のシマキンさんの頃)

各知事はじめ東国原さんも大根ならぬマンゴー踊りくらいやってくれればおもしろいんですが。

Posted by: 援絆(エンパン)、語り難し。  |at: 2008/07/31 2:13 PM
フライングかもしれませんが、盛岡一高といえば「軍艦マーチ」のメロディを使った校歌。
甲子園で聴けるのを楽しみにしていたのですが…。
東北は秋田県を除いてすっかり私立の牙城になってしまいましたが、準決勝あたりまでは公立も出てきていますので、頑張ってほしいものです。
Posted by: ENEOS元指揮者 |at: 2008/08/01 12:57 PM
ENEOS元指揮者様

まったくもってフライングです。
まもなく後編に述べられる予定です。お待ち下さい。
自分が私立なのであまり言えた義理ではないのですが、やはり地方の伝統校は地元でも愛されていますし、頑張って欲しいと思います。

援絆語り難し様
コメントありがとうございました。
関東近県とはまったく違います。岩手は。
一度ご覧になる価値はあると思います。
まだまだ我々の知らない応援がある、という反面結局どこにいっても主流は定番ソングによる応援でしかないのか、とすこし寂しくなります。
それだけに後編に登場する学校はまったく異なります。
Posted by: べーたく |at: 2008/08/01 1:20 PM
>援絆さん。
水沢高校のサイトは一度は皆さんに見てもらいたいですね。
マトイ。。。
クラブ選手権で使いたいですけど誰も上に乗れません。んが。
Posted by: 応援小僧 |at: 2008/08/01 11:37 PM
偶然ここを見つけました。一番上のアサヒグラフの写真、中央で大きな口を開けて応援しているのが自分です(笑)
Posted by: rgb |at: 2015/08/07 9:31 AM








Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

閲覧 ありがとうございます。

Category

Archives

Comment

  • 7/20 岩手予選 準決勝 08年夏 前編
    rgb (08/07)
  • それいけプリンス
    井東 (03/22)
  • 3/21 第2試合 大阪桐蔭(大阪) 対 東海大菅生(東京) 15選抜1回戦
    さがみ (03/22)
  • 3/21 第3試合 常総学院(茨城) 対 米子北(鳥取) 15選抜1回戦
    さがみ (03/22)
  • 8/13 第4試合 三重(三重) 対 広陵(広島)
    応援ファン (08/24)
  • 8/13 第3試合 佐賀北(佐賀) 対 利府(宮城)
    応援小僧 (08/16)
  • 8/13 第3試合 佐賀北(佐賀) 対 利府(宮城)
    seitokai.com (08/14)
  • 8/13 第3試合 佐賀北(佐賀) 対 利府(宮城)
    emiri (08/14)
  • 法政二高。残念でした。
    ふね (07/25)
  • 11/3 下妻二 対 習志野 08年秋関東準々決勝
    かのちゃん (07/23)

Recommend

Recommend

Recommend

今ありて
今ありて (JUGEMレビュー »)
谷村新司,阿久悠,石坂慶彦
高野連の電話の保留音は夏が終わるとコレです。

Recommend

Recommend

Link

Entry

           

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode