Page: 1/5   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
08年センバツ応援団賞記事転載。
あまり他の処から記事を転載するのは抵抗がありますが、
記録として残しておきたいところもありますし、
今後甲子園出場する学校関係の方々に少しでも参考になればと思います。

以下 全て毎日新聞サイトより転載。一部抜粋しております。ご了承ください。
安房高校に関しては残念ながら記事がありませんでした。

興譲館、応援団賞優秀校に /岡山

◇満員のスタンド「チームワーク抜群」
4日閉会した第80回記念センバツの応援団賞優秀校に、
野球部創部60年目に初の甲子園出場を達成した興譲館が選ばれた。
応援団賞は出場36校の応援をチームワークや技術などの項目で採点。
最優秀1校、優秀5校の計6校が決まった。 

興譲館は「攻撃時の全員総立ちの応援スタイルが壮観。
幅広い世代が集まったチアリーダー、ブラスバンドなど満員のスタンドは
チームワークも抜群」と高い評価を受けた。

大会3日目の3月24日にあった千葉経大付(千葉)との初戦では、
地元の井原市を中心に約5000人の大応援団が甲子園球場にかけつけた。
興譲館側スタンドは動き回る場所を探すのに苦労するほどに観客が詰まり、
地元の期待感の高さをうかがわせた。応援団は甲子園初勝利を目指して、
ワンプレーごとに声を合わせてアルプスの一体感を作り、ナインを励ました。

チアリーダーには在校生だけではなく、市内を中心に幼児、小中学生約70人も参加。
ポンポンを両手に持って試合を盛り上げ、グラウンドの選手たちを元気付けた。

受賞の知らせを聞き、
応援団長を務めた野球部の鶴谷祐大(つるたにゆうだい)選手(3年)は
「試合後、選手から『勇気をもらった』と言ってもらい、今回は賞までいただけた。
応援団をまとめる苦労が報われ、本当にうれしいです」と声を弾ませていた。
【松井豊】毎日新聞 2008年4月5日 地方版

下商に応援団賞 規律正しく実践、高評価 /山口

4日閉会した第80回記念選抜高校野球大会で、
惜しくも初戦で敗れた下関商(伊藤薫校長)に、応援団賞(優秀賞)が贈られた。
伝統の高校生らしい応援を規律正しく実践、九回の同点劇やサヨナラ負けの瞬間まで
温かく選手たちを見守り続けたその姿勢が高く評価された。

「奇をてらったことはしなかった。昔ながらの応援をつないだだけです」。
応援団責任者の高木俊江教諭(52)はこう振り返った。

アルプスでは生徒らが前回(95年夏)以来となる巨大な「S」の人文字を見事に作成。
「下商、下商、下商〜
チャンスだ行こうぜ ゴー!ゴー!ゴー!」と、ナインを鼓舞する応援歌
「チャンス」も29年前のセンバツ出場時に生まれた当時そのままのフレーズだ。
そうした伝統の応援がスタンドの一体感を高め、満員に膨れ上がったアルプスは
終始盛大な声援でチームを支え続けた。

校歌斉唱やエール交換時も生徒全員が脱帽して起立。「マナーもよかった」と大会本部。
佐々木大輔監督(41)は
「相手は地元校なのに応援で負けてはいなかった。ゲームセット後の温かい拍手も忘れられず、
またそうした応援を受けられるように夏頑張りたい」と感謝している。
伊藤校長は
「感動的な試合だったことも大きいが、生徒や市民、OBなど物心両面で
応援していただきました。これは全員で頂いた賞だと思っています」と喜んだ。
【新里啓一】〔下関版〕毎日新聞 2008年4月5日 地方版

平安に応援団賞優秀賞 「H」の人文字 /京都

4日閉幕した第80回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の
応援団賞が決まり、1日に「龍谷大付属平安」に校名変更した平安が応援団賞優秀賞に選ばれた。
ベスト8の成績を収めたチームに続き、「ラスト平安」を飾った。

同校では、生徒らが紺色と黄色の帽子をかぶって「H」を人文字で描き、
大会本部から「濃紺に黄色い人文字が鮮明」と評価された。入退場がスムーズだった点も
「学校、父母会、一般ファンへの指示が行き届いている」と受賞のポイントとなった。

アルプススタンドで応援団をまとめた同校の国語教師、松田清吉郎さん(48)は
「一試合ごとに声も大きくなり、応援に来る人も増えた。
立派な記録を残すことができて励みになる」と笑顔で話していた。
【谷田朋美】毎日新聞 2008年4月5日 地方版

応援団賞、長野日大が優秀賞 /長野

◇関沢団長、3回も応援でき「感謝」
4日閉幕したセンバツ大会(毎日新聞社など主催)の閉会式で応援団賞が発表され、
県勢17年ぶりのベスト8を果たした長野日大が優秀賞を受賞した。

応援団賞は初戦の応援を対象にチームワークや技術、応援態度などが採点される。
長野日大は、関沢大輝応援団長(3年)ら17人と
ブラスバンド部約60人を中心にスタンドを盛り上げた。
裸足でアルプス席を駆け回った関沢団長は
「人数も少なく派手さもなかったが、気迫では負けたくなかった。
3回も甲子園で応援できたことをナインに感謝したい」と喜んでいた。
【大平明日香】毎日新聞 2008年4月5日 地方版

ちなみに べーたくからコメントのありました
『以前甲子園で応援したときに、高野連のかたに、
「なんでおたくはそんなに勝手なことばかりやろうとするの?
みんなと同じことをやりなさいよ」
と注意されたこともあったくらいだし。』
という学校も その当時
「懸命な盛り上げ」を評価して頂き、06年の優秀賞に輝いております。笑
| 応援小僧 | 22:37 | comments(0) | - |
センバツ応援団賞決定。
初戦を対象とした
応援団賞の最優秀賞は成章高校(愛知)に決まりました。
おめでとうございます。あれだけ動員すればもらえるでしょう。

で 優秀賞は以下の学校。
興譲館(岡山)安房(千葉)下関商(山口)
平安(京都)長野日大(長野)

おぉ長野日大。すごーい。

以下 毎日新聞より転載。
センバツ:「夢のよう」愛知・成章 応援団賞最優秀賞受賞
甲子園のアルプススタンドを黄色に染め上げ、センバツ大会閉会式で
応援団賞最優秀賞に選ばれた愛知県田原市の県立成章高校(壁谷宜男校長)は、
36年ぶり2度目の出場で悲願の初勝利に加え、二重の喜びを手にした。

校長室で閉会式を見守った壁谷校長らは、
テレビ中継で最優秀校の名前が流れると拍手で祝福した。
壁谷校長は「夢のよう。応援に駆けつけた大勢の地元の人たちのおかげ」と喜びを語った。

同校には、応援団とチアリーダー部はなく、センバツ出場が決まり
急きょ募集したチアリーダー32人と男子11人で応援団を結成。
近隣の高校から指導を受けるなどして備えた。

初戦の駒大岩見沢戦では、アルプススタンドに
約6500人の生徒や保護者らが詰め掛け、一部は外野席にもあふれた。
そろいの黄色の帽子とメガホンを揺らせて渥美半島の菜の花畑を演出、
全国にアピールした。ナインも後押しされ、逆転で甲子園初勝利を果たした。

応援団長を務めた河合雄斗さん(3年)は
「最初は形になるか怖かった。皆の心が一つになるということがどんなことか分かった。
他校の応援団から、菜の花そのものを持ってきた感じと言われ本当にうれしかった。
こんなに楽しい、充実した春休みは初めて」と喜んだ。【加藤新市】

毎日新聞 2008年4月5日 2時25分

いい思い出ができて良かったですね。


にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ 
| 応援小僧 | 11:33 | comments(4) | - |
東洋大姫路の思い出。
ベスト4が激突。
聖望学園  対 千葉経済大付
東洋大姫路 対 沖縄尚学

決勝はのカードは…
アソコとココという気持ちはありますが
まぁ今日の夕方にはわかるでしょう。

で 昼間はヒマなのに20時から打合せ開始という
ダメダメサラリーマン生活に突入したべーたく。
昼間はそーとーヒマらしくメールが届きました。

○  ○  ○

東洋大姫路といえば、アン投手・大リーガー長谷川投手
などを輩出した関西きっての名門校。
ここの最高の栄冠は77年夏の全国制覇です。

大会前から優勝候補の筆頭にあげられ、
決勝ではバンビ坂本の東邦相手で敵役に回りながらも、
夏の大会初の決勝戦サヨナラホームランで優勝をしたのが
つい最近のことに思われます。
同校唯一の優勝の立役者は、投打の中心松本投手。
控えの宮本投手(のちにヤクルトで活躍)もいましたが
ほとんどを一人で投げ、すばらしいピッチングで甲子園を沸かせました。

しかし、松本投手といえば思い出すのは、以下のインタビュー。
ドラフトで阪急に指名され、記者から「プロでの抱負は?」と聞かれた彼。

「ホーフってなんすか?」

そんなやり取りも大物ならでは。
こうなったら是が非でも優勝を。

○   ○   ○
東洋系に強い紅い軍団東芝だけに
東洋大姫路への思い入れは相当なモノのようです。
あと 埼玉。
なので 聖望との決勝がお望みのようです。

高野連的には 
平安対姫路だったかな。。。と思います。

まもなくプレイボール。
| 応援小僧 | 21:36 | comments(0) | - |
東芝関連から高校球児への応援メッセージ。
男 原田監督率いる平安の壮絶な最後に涙し
長野日大の逆襲に血沸き肉踊りちあきなおみも踊りだす。
(ってビール屋さんのネタか。)
という事で 本日もベスト8、2試合。

東洋大姫路 対 智弁和歌山
天理 対 沖縄尚学。
かなりの好カード。まもなくプレイボール。

前回東洋大姫路宛に「アン投手」の 
応援メッセージを掲載しました。⇒アンの記事はこちら。
その後 東芝関係者から続々と色んな学校(2校だけか)にコメントが届いていました。
まとめて紹介。べーたくからのメール形式。タイムラグがあるのは勘弁して下さい。

まず東洋大姫路へは、一時期このブログに
かなりの頻度で登場していたC!嬢から。⇒あの日あの時

○  ○  ○


多感な思春期を姫路ですごしたというC!嬢さん。
現在も東芝で野球部の応援活動に精を出す20代のOLだ。

「中学時代を姫路で過ごしたので、
今回東洋大姫路が
出場すると聞いて、頑張って欲しいと思ってました。」

いよいよ今日が初戦(3/25)だと問うと、
「強いチームでも
最初の試合が一番難しいといいますよね」

確かに確かに。緊張もするし、久々の公式戦で
なかなか力を発揮できないチームもあるよね。

「やるからには優勝して欲しい!」
大きく出たね。
でも、まったく逆のニュアンスのコメントですな。




○  ○  ○

東芝チアとして頑張るC!嬢。シーズンインしたようです。
自分に関係ないとほとんど興味を示さないという
ドライな娘さん。たまには遊びに来て下さい。


続いて 
優勝候補と目されていてましたが残念ながら初戦敗退の横浜高校へは
平馬選手や大河原選手など横浜高校出身者のコメント集めに
奔走したようですが、練習で忙しくそれどころではなかったようで。
この他
金沢区住民の東芝社員の方から応援コメントがあがりました。
たぶんまみまみさん?


以下べーたくより。
○  ○  ○

平馬選手からの母校への激励コメント。

「成せば成る」

含蓄のある言葉だ・・・
自身は92年、93年春に連続出場。2年のときが徳島の新野に逆転負け、
3年のときは上宮に延長でサヨナラ負け。いづれも初戦敗退と残念な結果に
終わった彼だけに、母校に頑張って欲しいと思う気持ちは強いようです。

そして もう1コ。

「横浜高校といえば、小学生の時、
当時大人気だった愛甲選手が活躍し夏の甲子園優勝!
能見台駅前まで優勝パレードを見にいき、もみくちゃになった思い出があります。

そして渡辺監督のお嬢さんとは高校の時クラスメイトでした〜!
金沢区民としては応援しないわけにはいきません。
春、夏連覇に向け、優勝めざして頑張ってください!!」

○  ○  ○

優勝候補と目されていた横浜が
まさか 1回戦で負けちゃうとは。。。。
勝負事はわかりませんね。
| 応援小僧 | 10:34 | comments(0) | - |
聖望 ベスト4 1番乗り。
平安
 000 000 000 0
 044 000 000 8
聖望学園


 うーん。
 大塚投手。
 いいですねー。



 聖望の快進撃は
 まだまだつづきます♪

 たまには埼玉もイイですかね。

| 応援小僧 | 13:37 | comments(3) | - |
3/28 第1試合 中京大中京(愛知) 対 明徳義塾

せっかく改修したというので
最後の日ぐらい 内野でも行って見ますか。
ということで 1塁側内野へ。
おー見やすい♪ 野球が近い。

キョロキョロとあたりを見回すとイカついおじさんを発見。
おおぉ。あの御方は現在阪神タイガースのスカウト
「昭和の豪速球王」元阪急ブレーブス山口高志さん。

最近の現役選手を見ても別になんとも思いませんが
幼少時代に活躍していたプロ野球選手に遭遇すると胸が高鳴ります。

ENEOS田澤投手が先日スポニチ大会で
18奪三振の新記録を作りましたが、その前の記録は74年の15奪三振。
その記録ホルダーが松下電器在籍時山口高志投手その人。
握手してもらおうかと思いましたが、あまりにミーハーなのでやめました。^_^;

1塁側 中京大中京
秋の大会。
高校サッカー。
べーたく共々、なぜか見ているこの学校。大中京。 

秋の大会、
ワタシは見ていませんでしたので
野球応援を見るのは今日が初めて。
ソリはでるのか? ソリは? 


野球部応援団君達は 皆さん半袖姿で元気一杯。

大太鼓で応援席をまとめます。

太鼓君。淡々とした表情で正確に音を刻みます。
中日の井端選手のようないぶし銀のいい男。


チアの皆さんはサッカー応援の時と同じコスチ。
相変わらず声を出すところは
しっかり出していますし、ポンポンもビシビシ上げ下げ。

ダッシュ中京ではチアも突きます。通路でですけどね。






   ソリもでました。








9回裏 
1死満塁をゲッツーで
切り抜け号泣の野球部君。
熱くていいですねー。




中京大中京
  002 000 000 0  2
  010 001 000 1× 3
明徳義塾
2時間21分 13000人

結局 負けてしまいましたが
熱い応援を展開した大中京。

高校生らしく
喜怒哀楽がストレートに出ていました。
この写真。
写真の技術はさておき
とても良い表情だと思います。

野球部応援団として
仲間を応援する想いはハンパでなく、
ビシビシ伝わりました。


 アルプスはほぼ満員。
 オールドファンも多く根強い人気の高さを感じました。

 夏も見たいですね。


  にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
| 応援小僧 | 13:24 | comments(0) | - |
今日から4月。ベスト8激突。
本日は2試合。

平安 対 聖望学園
千葉経済大付 対 長野日大


今日から龍谷大付属平安になりますが
この大会では最後まで「平安」でいくとのこと。
流れてくる応援曲もオリジナルばかり。小気味ヨイ曲多め。

好投手大塚選手を擁して 
投打のバランスよく勝ち進んできた聖望学園。 
応援は特徴ないもののバランスはよし。

2試合23奪三振の斎藤投手さらに打線も好調。
野球は文句ない試合運びも、
紫の曲がなくなり応援だけが本調子ではない千葉経済大付。
毎度少ない動員ですが今日はどうでしょう?

上村投手絶好調。機動力でかき回します長野日大。
応援に関しても個人的評価では大会NO1応援団。
軽いタッチのアフシンの調べに注目。

甲子園にて こんなパネルを発見。

「高校野球は、今まで春は80回、
夏は次の大会で90回と続いている通り、
とても長い歴史があります。
その長い歴史の中で
高校野球の精神が脈々と受け継がれてきました。

自分達は小さな力ながら
その高校野球の伝統の担い手である事を誇りに思い、
周りの人たちからの暖かい応援を受け
高校野球に取り組める事を幸せに感じています。

その伝統に恥じぬよう、また、
感謝の気持ちを忘れずに、
仲間と共に今しかない
高校野球に全力を尽くしていきたいと思います。

早稲田大学系属早稲田実業学校
      マネージャー 天野康介」 


とのこと。

東京都の春の大会もブロック予選を経て本日より開幕。
深川ひよこさん母校明治高校も本日登場。どこも皆さん頑張って下さい。
| 応援小僧 | 11:09 | comments(5) | - |
欠席届。

3月27日大会6日目。
体調不良につき甲子園は欠席させて頂きました。
なのでレポートはありません。あしからず。

補足。
7日目は見にいきましたので
大中京と平安はレポあげます。

| 応援小僧 | 11:40 | comments(0) | - |
3/23 第1試合 明徳義塾(高知) 対 関東一(東京)
東京チャンピオン
    関東一高登場。

かなり打ちますが
明治神宮では横浜にコールド負け。
全国での飛躍が期待されます。

今回も甲子園が決まると
早稲田大学応援部の指導のうけたようです。
ワタシも応援部在籍時
直接指導に行きませんでしたが
東東京大会でカンイチくんに挨拶されたことがあります。



04年の夏以来復活、明徳義塾。

どんな応援をするのか
まともに観た事がないので楽しみ。


以前 早稲田大学応援部正規OBべーたくからこんな話を伺いました。

「OBの○○さんに全国制覇の早稲田実応援を酷評された。
ボクは大学よりメリハリあっていいと思ったが、
ワセダウェーブや稲穂の実り作戦といった応援をやらないから
あれは早稲田の応援ではないという評価につながったようです。」


少し説明を。
ワセダウェーブや稲穂の実りという応援は「守備中応援」といいます。
「わ」「せ」「だぁー」で体を前後に動かし「だぁ」のところで両手を挙げます。

ちゃんとできると動きも揃って見ごたえはありますが
50年近く前からやっているレトロ感たっぷり「昭和の応援」。

確かに50〜30年前ならそれでも良かったでしょうが、
テンポがゆっくりなので今のご時世には少々アンマッチ。

で 早稲田実を酷評したOBその人が
カンイチやるぞう君ジャンバーを身にまとい陣頭指揮を執っています。

1塁側 明徳義塾
ペット9本 トロンボーン7本。その他 服装バラバラ。

そんな ブラス編隊でしたが 
どうしてどうしてかなりいい音を出していました。

社会人野球でよくありがちな少数精鋭ブラスバンド。

野球応援には野球応援の
ブラバンの音の出し方があることを改めて認識します。
 


曲はほとんど「ブラバン!甲子園」。

6回のグラウンド整備では
「よさこい」なのかわかりませんが
野球部応援担当君達がハッピを着て
通路を練り歩くなど郷土色豊かに応援。

高知は何処もいい応援。


さらに得点すると 
カッコイイファンファーレが聞こえます。

9回には
とても重厚なアフシンを演奏してくれました。
鳥肌もの。スリーベースが出ましてチャンス到来!
で アルプス一万尺。なんつーゆるい選曲。
とっても面白いですが。(^o^) 



3塁側 関東一高
野球部応援団君たちの
コンバットの突きや2拍は上手にできていました。
情報筋によるとかなり練習を重ね前向きに
取り組んでいたとのこと。その成果が出たようです。

学校関係者の方々は
精力的によく動いていたと思いました。
 


パネルもなかなか凝っていました。
キューティハニーと
ロッキーの写真がとれず。残念。


東京は太鼓が叩けないのでこの選抜は生徒さんがコールだけ叩くスタイル。
コンバットなど応援曲の太鼓の詳細まで教えるのは無理ならば
せめて拍子をとるくらいの叩き方を教えてあげてもよかった気がします。

エールは試合開始前にやっていました。
これは問題ないですが、2回明徳の校歌が流れ
明徳からのエールの為起立して待つ関東一高。

ところが 明徳からエールは送られません。
待ちぼうけ立ちぼうけのカンイチ。ややチグハグ。。

2回裏
チャンスの場面で応援曲演奏。
が、アウトになって応援曲が中断。コールの太鼓を忘れたようです。
その後も応援曲が中断する場面もありましたが、
中盤からは生徒さんも要領を得たのかコールの太鼓が安定してきました。



先取点を取りまして盛り上がる関東一高。

守備中
ツートンカラーのタオルを使った応援はなかなか綺麗。

先制点で応援席に
  余裕があったのでとてもうまくいきました。




 4回明徳の反撃。
 ピンチになり沈む関東一高。

 走者を出しながらも踏ん張る松本投手に
 ここは気持ちをひとつに声援を送りましょう。
 

6回裏
カンイチの攻撃回ですが間が悪いことにここで先述の守備中応援。
いわゆるワセダウェーブを敢行。アルプスに微妙な空気が漂います。

走者を出すもなかなか追いつけず、イライラがつのるカンイチ応援席。

8回裏は 先頭打者はこの日2安打江川君。
ガンガン応援始めるか?ガンバレ!カンイチ。
と思ってみていると
なんと攻撃にもかかわらず、ここでも守備中応援。
道具を使った応援を試みます。

サブのリーダー部員がいるわけでもないので
指示がアルプス上段まで徹底できずにアタフタする関係者。
使ってはいけないはずのトラメガも使用する始末。

「あーやばいな」と思ってみていると

我慢できなくなった
アルプス上段から自発的に江川コールが始まります。

応援がガタガタになってしまいました。
久しぶりの甲子園なのに生徒さんがかわいそう。

応援のスタイルに正しい間違いはありません。
ただしその時の流れや観客のニーズなど全体を把握した上で
マニュアル通りでなく柔軟な応援展開が必要とつくづく感じた試合でした。


明徳義塾
 000 101 001 3
 010 000 000 1
関東一高
2時間6分 19000人
明徳の皆さんおめでとうございます。
久しぶりの甲子園という事で
カタサが見られましたが、やっぱり強いですね。


南野投手。
 上から投げたり。
    横から投げたり。



関東一高。惜しかったです。
さらに振りは鋭くなっていたようで。

夏に関東一高対帝京の決勝が見たいです。 

個人的には
早稲田の応援曲を使うことは全く抵抗ないのですが、
内外から色々云われる処もあると思います。


苫小牧方式で歌謡曲のアレンジから新しい応援曲を作って
思いっきり停滞している東京の高校野球応援に新しい風を
吹かせてくれる事を期待しています。
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
| 応援小僧 | 11:26 | comments(4) | - |
3/26 第3試合 聖光学院(福島) 対 沖縄尚学(沖縄)
1塁側 聖光学院
3季連続出場。
福島だけでなく東北を代表する強豪校。

この学校はブラスもいますが
それに頼らず
声を中心にした応援展開。いつも感心。


メガホンを
「親の仇」のごとくガンガン叩きます。


メガホンは
ある基準を超えると
「キン」「キン」と金属音になるんですが
その基準点超えができる世代が高校球児。

仲間への想いがメガホンの音と声に乗って
アルプススタンドにこだまします。


3塁側 沖縄尚学
使用する応援曲はブラ!甲系。
とはいえ沖縄と言えばハイサイおじさん。

そしてゆび笛。
様々な場面で様々な方向からピューピュー。

アルプス前方の野球部君たちを中心に
応援展開。楽しそうにノリノリです。

アルプス後方の大人の皆さんはソレを
肴に宴会展開。楽しそうにノミノミです。

沖縄尚学
  100 000 000 1
  000 000 000 0
聖光学院
2時間4分 12000人




 沖縄尚学 東浜 巨投手。
 プロ注目の評判どおり、素晴らしい投球。
 147キロが出ました。

 まだまだ少年の身体つきですが 
 大人の身体になった暁にはスゴイ投手になりそうです。

 聖光学院
 ボークでの1失点のみ。惜しかった。
 こちらの仲田投手も4安打に抑えました。

 ボーク2守備妨害2とモチロン無意識でしょうが
 ややダーティな印象を残す結果となってしまいました。
 4季連続出場に向けて今日の敗戦を糧にして下さい。

  にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ 
| 応援小僧 | 12:16 | comments(0) | - |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

閲覧 ありがとうございます。

Category

Archives

Comment

  • 7/20 岩手予選 準決勝 08年夏 前編
    rgb (08/07)
  • それいけプリンス
    井東 (03/22)
  • 3/21 第2試合 大阪桐蔭(大阪) 対 東海大菅生(東京) 15選抜1回戦
    さがみ (03/22)
  • 3/21 第3試合 常総学院(茨城) 対 米子北(鳥取) 15選抜1回戦
    さがみ (03/22)
  • 8/13 第4試合 三重(三重) 対 広陵(広島)
    応援ファン (08/24)
  • 8/13 第3試合 佐賀北(佐賀) 対 利府(宮城)
    応援小僧 (08/16)
  • 8/13 第3試合 佐賀北(佐賀) 対 利府(宮城)
    seitokai.com (08/14)
  • 8/13 第3試合 佐賀北(佐賀) 対 利府(宮城)
    emiri (08/14)
  • 法政二高。残念でした。
    ふね (07/25)
  • 11/3 下妻二 対 習志野 08年秋関東準々決勝
    かのちゃん (07/23)

Recommend

Recommend

Recommend

今ありて
今ありて (JUGEMレビュー »)
谷村新司,阿久悠,石坂慶彦
高野連の電話の保留音は夏が終わるとコレです。

Recommend

Recommend

Link

Entry

           

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode